留学日記―シアトルセントラルカレッジに留学

留学生の紹介

岩崎香純さん 氏名: 岩崎香純さん
留学期間: 2014/3/20〜
ロケーション: シアトル(アメリカ)
学校: Seattle Central College
自己紹介: こんにちは。岩崎香純です!
2014年4月からシアトルセントラルコミュニティカレッジに進学しました。
シアトルを選んだ理由は、ワシントン州が4学期制を採用していて、3月に高校を卒業して4月にすぐ入学できるという点が大きかったです。
これから留学する人や、留学中の人にたくさん読んでもらって、少しでも気が楽になったり、役に立ったりできたら光栄です!

2014    APR    MAY    JUL    SEP

2014年7月3日(木)

こんにちは。6月はすっかり日記を書くのを忘れていました・・・。
初めてのFinalも無事終わりました。

今は夏学期の最初の1週間が終わったところで、新しいクラスにも慣れてきたところです。春学期と特に違うところはありませんが、やっぱり夏は休暇を取る人が多くて、学校内がすごく閑散としてます(笑)。あとは、授業のレベルが少しあがったからなのか、クラス内のアメリカ人の割合がすごく増えたような気がします。春学期の授業みたいに、周りを見渡すと全員アジア人のようなことはありません。もしかしたらとっているクラスのせいかも知れません。今はスペイン語と心理学をとっています。どちらのクラスもほとんどがアメリカ人です。

一言忠告です・・・。
スペイン語すっっごい難しいです!!なんだか発音も英語と全然違うし、活用も多いしで、予想以上の難しさです。でも、やっぱり言語を勉強するのは楽しいですし、アメリカ人の友達もできやすいです!アメリカで語学を学ぶのは、日本で勉強するよりも手っ取り早いかもしれません。スペイン語をしゃべる人はその辺にいますし、留学生の中にはスペイン語圏出身の人もいるので、質問に対する答えの信頼度が違います(笑)。

夏学期のクラスになっても、まだ一緒の授業をとっている人もいてうれしい限りです。春学期がおわってもほんとに気の合う友達とはできるだけ会いたいと思います。

たくさんの国からの留学生の人たちとしゃべって友達になってある程度仲良くなると、やっぱり国民性ってあるのかなと思います。気がつくと、ある国からの友達は一人もいなくなっていたり、ある国からの友達だけ極端に増えていたりします。スキンシップの多さだったり、人と話す態度、話す距離、フレンドリーさのような要素っていうのは、文化である程度決められているのかなと思います。あと面白いのはアクセント、同じ国からの留学生の人はおんなじしゃべり方をします!アクセントだけじゃなく、顔の表情をみただけで日本人かどうかは、なんとなーく分かります。

夏学期でもまた友達増やせればいいなと思います。

明日はアメリカの独立記念日なので祝日!!!
いっぱいお祭りとか花火とかがあるみたいなのでいってきます。

<電話でのお問い合わせ>
0120-464-258
043-271-7486

<営業時間>
月〜金: 9:30〜17:00
定休日:土・日・祝日

TransferWise
海外旅行保険比較サイト イーコールズ
oneyT Global
キャッシュパスポート
IACEトラベル
STAトラベル