シアトル留学日記―英語で電話

留学生の紹介

テルさん テルさん
留学期間: 2006/03 - 2008/06
ロケーション: シアトル(アメリカ)
学校: Seattle Central College

自己紹介:日本の大学を卒業して2年ほどお金を貯めてから、オーストラリアに10ヶ月ほど留学しました。一度日本に帰って、今は、Seattleのシアトルセントラルカレッジに留学中です。現在は、Webデザインの勉強をしています。

2006    MAY   JUN   AUG   SEP
2007    JAN   JUL-1   JUL-2   JUL-3
2008    JAN   MAR   MAY   JUN   JUL

英語で電話

というわけで、まだだらだら続きます、この日記。

話は三ヶ月ほど前ですかね。
元々、調子の悪かった自分の愛機PowerBookちゃんがですね、壊れたんですよ。
元々、マザーボードかなんか調子悪くて一回修理したのですが、また、同じ感じで壊れまして、完全に動かなくなりました。

ちょうど休みの期間で学校もしまってるし、パソコンが使えない状況が一週間ほど続き、その続いてる間に日本から友達が訪れてきたと。
観光の下調べは出来ない、友達と連絡とる方法が無いと、大変でしたが、結局、周りの友達に助けられ、パソコン借りて連絡とれたり、一緒にご飯食べにいったり、野球見に行ったりと楽しかったのです。

で、上につながるのですが、友達はどこにいても大切なものですねと。

で、壊れたパソコンなのですが、まあ、なでてみたりごますったところで壊れた機械はにゃおりません。
しかし、都合がいいことに壊れる二週間ほど前に実はオンラインで新しいパソコンを注文してたのです、自分。
しかし、ここでまた落とし穴が。

クレジットカードのデイリースペンディングリミットが2500ドルで、俺が注文したパソコンが3000オーバー。
いくら待っても来ねえなと思ってたら、ペイメントに問題あり、支払い方法を変えてくださいとのこと。
(限度額なんて知らなかったので一回銀行に行ってその有無聞いたりしました。)
しかし、日本のカードはその支払いで使えないし、アメリカで持ってるカードはそのカード一枚。
どうしようもないのでつたない英語でカスタマーサービスへ。
でも、ここで気がついた。
意外といける!
なんだか、海外生活2年くらいになりましたが、なんだかんだで日常英会話くらいいけるようになってたのです、これがね。
今まで、一番の苦行、電話で英語。
これが苦じゃなくなってたと。

で、カスタマーサービスに問い合わせると、特にペイメントに問題はなさそうだと。
おかしな話です、そんなことねえだろうと。
しょうがないのでアップルストアー出向いて、オンラインで注文したがそれいらないので、ここで、早急に一台欲しいと。
そうすれば、デビットカードで払えるので一日に使えるクレジットカードの限度額など無視できると。

そう、相談すると店員が、「じゃあ、注文をキャンセルしてください」と。
で、しようとしたらオンラインで出来なくて、日曜のごった返すざわついたアップルストアーで、アップルカスタマーサービスに電話というこれまた試練ダナ的な。

で、電話してみるとちょっと仕様を帰ればすぐに発送できると。
じゃ、それでお願いしますとお願いしたはいいが、支払いに問題があったのはどうしたのかと聞くと、これまた「問題ないですね」とのこと。

で、待ってても来ねえし。
学校でメールチェックするとまたエラーのメール来てるし。

三度目のカスタマーサービスへの電話。
ここで、出た人がようやく問題ありですねと言ってくれましたとさ。
結局、二日に分けて限度額以下で引き落とすということになり、一件落着。

高い買い物は楽ではないのです。
色々、経験しました。

<電話でのお問い合わせ>
0120-464-258
043-271-7486

<営業時間>
月〜金: 9:30〜17:00
定休日:土・日・祝日

TransferWise
海外旅行保険比較サイト イーコールズ
oneyT Global
キャッシュパスポート
IACEトラベル
STAトラベル